合宿免許を利用すれば格安かつ短期間で教習所を卒業できる理由

多くの人は自動車の運転免許を取得するために、公安委員会指定の自動車教習所を利用します。自動車教習所を卒業するのに必要な費用ですが、通学教習を利用すれば基本料金(30万円前後)と補習・再検定料金(数万円~十数万円)の合計額となります。
合宿に参加して学校が指定する宿泊施設に滞在しながら集中的に教習を受ける場合には、基本料金(20万円台前半~30万円弱)程度の費用で教習所を卒業することができます。宿泊プランの基本料金の中には教習費用に加えて、教習期間中の宿泊費と食費・光熱費、最寄駅から現地までの交通費、検定不合格で卒業日数が延びた場合の補習・再検定費用、追加の宿泊費・食費などが全て含まれています。このためトータルコストを比較すれば、通学教習よりも格安料金で自動車の免許を取得することができます。

宿泊費込みでも通学教習よりも基本料金が安くなる理由

合宿免許の基本料金の中には、教習費用の他に教習期間中の宿泊費と食費も含まれています。基本料金に生活費や交通費補助などが全て含まれているのに通学教習の教習費用よりも安くなる主な理由は、技能教習のコストを低く抑えることができるからです。
通学教習であれば、教習生が自分の都合に合わせて技能教習の予約を取ることができます。繁忙期以外は技能教習の予約が全部埋まる事は滅多にありません。このため、必ず空き時間となる指導員・車両が生じます。空き時間でも指導員の人件費や車両の維持費がかかるので通学教習制は無駄なコストが多く発生し、教習料金に転嫁されてしまいます。
もしも、技能教習を行う指導員や車両に空きが出ないようにして最適なスケジュールを組めば無駄な経費を抑えることができ、教習料金を安くすることができます。教習期間中に教習生が指定された宿泊施設に滞在するようにすれば、教習所は技能教習に空き時間が発生しないように最適な時間割を組むことができ、格安料金で教習を実施することが可能になります。結果として宿泊費や食費込みの料金でも、通学教習よりも安くすることができます。

教習期間を短くすることが教習所のコスト削減につながる理由とは

合宿制にすれば教習所のコストを安く抑えることができる理由として、技能教習のスケジュールを最適化ができること以外にも別の要因があります。飲食店でも運輸業でもサービス業全般に共通している点ですが、短期間に多くのお客さんを受け入れた方が効率が良くなり、経費節減につながります。教習所では一定の料金を徴収して学科教習も実施しているため、教習生が技能教習で補習や再検定を受けると効率が悪くなってしまいます。学校にとって、教習生が短期間で卒業すればコスト削減につながります。
教習生は宿泊しながら短い期間で運転技術を身に付けるため、通学教習よりも検定合格率が高くなります。同じ期間でも多くの教習生を受け入れることが可能になれば学校運営のためのコストを削減することができ、結果的に教習料金を安くすることができます。