格安の合宿免許メリットとデメリット

合宿免許とは、指定の宿泊施設に寝泊まりしながら自動車教習所に通い、学科と実技の教習を受けることをいいます。自宅から教習所に通う場合と同様、卒業後に試験場で最終学科試験を受けて合格する必要があります。
合宿免許にいくメリットとして、卒業までの期間が早いということがあげられます。あらかじめ決められたスケジュールに従って教習を受けるため、効率的にすすめることができ、早ければ2週間程度、ゆったりしたプランでも3週間程度で終えることができます。短期集中して学ぶため、早く上達します。
一方、自宅から教習所に通う場合は、予約でいっぱいで必要な授業を取ることができず、単位をすべて取得するまでに時間がかかることがあります。早い人でも1カ月、だいたい2~3か月かかることが多いようです。

料金・期間・保証ーさまざまなメリット

もうひとつのメリットとして、料金の安さがあげられます。料金には、通常、教習所がある地域までの交通費、宿泊費、毎日の食事代、保証料などがセットになっています。これに入学金や修了検定代、卒業検定代なども込みになっています。これだけ含まれていて、だいたい22万~25万程度が相場です。また、時期によっては格安プランがあり、その場合は17万程度のものもあります。夏休みや春休みは長期休みに入る学生がたくさん来るため、料金は少し高めになる傾向があります。できるだけ安くすませたいなら、それ以外の時期がねらい目といえます。
また、多くのプランで保証がついているため、追加教習が発生しても追加料金を払わずに済みます。内容によっては延長した際の宿泊代なども必要ない場合があります。ただし、保証の内容はプランによって異なりますので、どこまで保証されるかは申込時によく確認しましょう。
また、地元を離れてホテルなどに宿泊しながら教習所に通うため、旅行気分を味わえるというメリットもあります。

申し込みの際に注意するべきポイント

合宿免許に行くなら、少しでも費用を抑えるために、格安や激安を謳うプランを利用したくなりますが、申し込みの際はいくつか注意すべき点があります。まずは内容についてよく確認しましょう。交通費がほとんど出ないものであったり、充分な保証がついていないプランもあります。
交通費が出ない場合、往復の交通費を支払ったら総額でかかる費用が普通のプランより高くなってしまう可能性もあります。
また保証が十分でない場合、例えば検定に落ちるなどして宿泊を延長することになった時、再検定の費用や、延長にかかる宿泊費、食事代などを別途支払うことになり、結果的に高くついたということになりかねません。
また、格安プランは人気があるため、すぐに売り切れになる傾向があります。プラン内容をよく確認して、納得できるものであれば、早めに申し込むようにしましょう。