格安料金で教習所を卒業できる合宿免許プランの選び方

最もポピュラーな普通自動車の運転免許を取得するために教習所を利用する場合、通学教習であればMT車で約30万円、AT車で約29万円もの費用がかかってしまいます。ただし、この料金は仮免・卒業検定に1発で合格できた場合の全国平均です。通学教習の検定合格率は約5割程度なので、大半の人が卒業までに数万円~10万円もの追加料金を支払っていることになります。
一般的な指定自動車教習所の通学教習で普通自動車コースを卒業する費用の相場は、35万円~40万円です。都市部の教習所であれば料金が高めですし、市街地域で交通量が多いので卒業検定の合格率が低いため、卒業までに40万円以上の費用がかかるケースもあります。
お金に余裕がない学生の方には、格安料金で教習所を卒業することができる教習所の宿泊プランがおすすめです。

教習所の宿泊プランの料金相場と実際に必要な費用とは

地方の教習所では、通学教習だけではなく合宿教習も実施しています。教習所が指定した宿泊施設(専用の寮や近隣のホテルや旅館など)に滞在して、短期間で必要な教習を受けて卒業することができます。
宿泊プランを利用して自動車の運転免許を取得するために必要な費用ですが、プランの基本料金と交通費、仮免検定費用(2千円~3千円)、日用品やその他の物を購入するための雑費(1万円~2万円)の合計です。現地までの交通費については支給される場合があります。
合宿に参加して教習所に入校する際の平均的な基本料金の相場は20万円~25万円程度です。この費用には検定不合格の際の再検定費用や追加の宿泊費・食費が含まれているので、実際に必要な費用は基本料金プラス2万円~3万円程度です。平均的な宿泊プランを利用しても、通学教習よりも5万円~10万円程度出費を抑えることができます。
夏休みや春休み期間中の繁忙期には、通学教習の基本料金と同じ程度まで割増料金となるケースがあります。宿泊プランの料金には補習・再検定費が含まれるので、通学教習よりも数万円程度安くなります。

格安料金プランの教習所を探す方法と申込手続きのコツとは

合宿に参加して教習を受けると、平均的な料金の教習所でも食費や光熱費を含めて通学教習よりも数万円~10万円程度安い料金で済みます。入校時期や教習所・入校時期を上手に選べば、更に安い費用で教習を受けることができます。
教習所の中には大学や短大が授業期間中の閑散期に、宿泊プランの料金が設定されるケースがあります。格安料金を売りにする教習所の宿泊プランの相場は17万円~20万円(普通自動車コース)です。食費・宿泊費込みでも20万円を切る低料金の教習所があり、現地で必要な雑費などを合わせてもトータルで20万円程度の費用で教習を受けることができます。通学教習で都市部の教習所を利用する際の費用と比較すると、支払う費用を4割程度安くすることができます。
20万円を切る料金の教習所の探し方ですが、予約サイトで検索することができます。安い料金の教習所を見つけたら、学生であれば大学生協から、社会人であればキャッシュバック特典が付く予約サイト経由で申込み手続きをしましょう。教習所の公式サイトよりも代理店を利用した方が割引特典が適用されて、更に安くなる場合があります。